ひとり親家庭等日常生活支援事業

 母子家庭、父子家庭及び寡婦が、修学等の自立促進に必要な事由や疾病等の社会的な事由により、一時的に生活援助、保育サービスが必要な場合又は生活環境等の激変により日常生活を営むのに支障が生じている場合に、家庭生活支援員を派遣しています。ご不明な点等、まずはお気軽にお電話ください。 

派遣事由
  • 自立促進に必要な事由(技能習得のための通学、就職活動等)
  • 社会的事由(疾病、出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭、失踪、転勤、出張、及び学校等の公的行事への参加等)
  • その他の事由(母の病気、急な残業、こどもの病気等)
登録 派遣対象家庭は、あらかじめ家庭生活支援員派遣対象家庭名簿に登録しておくことが必要です。 まずはお気軽にお電話ください。
利用料金 所得に応じて一部費用の負担となる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

家庭生活支援員を常時募集しています。

 母子家庭、父子家庭及び寡婦への生活援助、保育サービス等をおこなっていただける家庭生活支援員(有償)を常時募集しています。必要な資格については以下の通りです。ご不明な点等、お気軽にお電話ください。

資格 母子家庭の母・寡婦で、看護師・ヘルパー3級以上・保育士・保育サポーター養成研修修了者等の資格をお持ちの方
 登録 家庭生活支援員は 、あらかじめ登録が必要です。(母子寡婦福祉連合会へ入会していただきます)